S邸

本郷の家

 

 

市街地近郊の閑静な住宅地に建つ。​

大小2つのボックスを配置することによって

空間構成された住宅である。​

小さいボックスが来客ゾーン、

大きいボックスが生活ゾーンとなっている。​

2つのボックスの間に玄関スペースを設け、

ボックス同士が雁行することによって、

内部から外部越しの視線の交錯を創りだし、

空間に奥行きを感じさせる。

 

 

 

所在地  :宮崎県宮崎市

構造規模:木造2階建て

設 計     :又木計介 + エムオーアーキテクト

施 工     :加賀城建設

写 真     :Britz Studio 石井紀久

 

 

2007年完成